• 朝市・直売所一覧
  • コイン精米機設置一覧
  • 大阪農業のすがた
  • 大阪府内JAディスクロージャー一覧
  • 地産地消プロジェクト「大阪産のお野菜さん」
  • やるやん!大阪農業
  • やってみよう!バケツ稲づくり
  • JAグループ大阪人権推進基本方針(PDF)
  • 財団法人大阪府人権協会
  • 本人通知制度
 
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JA全中
  • JAバンク
  • JA全農
  • JA共済
  • 家の光ネット
  • JAグループ大地がくれる絆をもっと
  • 日本農業新聞

お知らせ

ガンバ大阪アカデミー生(ユース)がJAたかつき管内にて稲刈り体験を実施

JAグループ大阪GAMBA

 

 

 

JAグループ大阪は、(株)ガンバ大阪が運営するガンバ大阪アカデミー寮「青翔寮」(所在地/大阪府吹田市)へ、年間9トンの大阪産米の提供を行っております。この取り組みは、アカデミー生に身体づくりのもととなる食に興味を持っていただき、将来の活躍が期待される若手選手と地域農業との交流を創出し、地域農業とのつながりが育まれるような活動を行っていくことを目的としております。その一環として、6月8日(金)、JAたかつきとサポートセンターはガンバ大阪アカデミー生(ユース)に対し、お米講座及び田植え体験を実施し、今般、10月12日(金)、JAたかつき管内にて同アカデミー生 29名による稲刈り体験を実施しました。

 

 

高槻市にある「畑中農園」にて、今年6月にアカデミー稲刈りを行うアカデミー生

生自身の手で田植えを行った稲が大きく育ち、立派な稲穂

が目の前に広がりました。稲は「大阪エコ農産物」として

大切に育てられたもので、園主の畑中秀子さんはアカデミー

生に対し、「農薬をほとんど使用せずに力強く育ったため、

ガッツがある。皆さんもこのお米を食べて、ガッツあふれ

るプレーをしてほしい」と語っていただきました。            <稲刈りを行うアカデミー生>

その後、稲刈りの仕方や刈り取った稲を藁で束ね、稲木刈り取った稲を束ねる様子

掛けする作業を学び、実践しました。稲刈りを行うアカデ

ミー生の眼差しは徐々に真剣になり、皆で協力しながら1

時間半ほどで稲刈り体験が終了しました。今回収穫したお

米は、ガンバ大阪のサッカーホームゲームで観戦来場者に

一部配布する予定となっております。お米を食べるために、

たくさんの農家が努力していることを知る良い機会となり        <刈り取った稲を藁で束ねる様子>

ました。

 

JAグループ大阪は、本取り組みを通じてガンバ大阪ユースチームの「食」をサポートし、今後も(株)ガンバ大阪と共に大阪農業の地域活性に繋がる様々な活動を行っていく予定です。

稲木掛けする様子①

畑中農園の畑中さん(真ん中)とガンバ大阪アカデミー生

稲木掛けする様子②

   <稲木がけする様子>           <畑中農園の畑中さん(真ん中)とガンバ大阪アカデミー生>

 

大阪産米の詳しい情報は、こちらから  JA大阪中央会「大阪のおいしいお米&コイン精米機のご案内」

http://www.jaosaka.or.jp/seimai/index.html

【本件に関するお問い合わせ】

団体名・部署名: JA大阪中央会 大阪農業振興サポートセンター

メールアドレス: u-support@chu.jaosk.jp / 電話番号: 06-6204-3672