• 朝市・直売所一覧
  • コイン精米機設置一覧
  • 大阪農業のすがた
  • やってみよう!バケツ稲づくり
  • JAグループ大阪人権推進基本方針(PDF)
  • 財団法人大阪府人権協会
  • 本人通知制度
 
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JA全中
  • JAバンク
  • JA全農
  • JA共済
  • 家の光ネット
  • JAグループ大地がくれる絆をもっと
  • 日本農業新聞

お知らせ

春を呼ぶ野菜「八尾若ごぼう」をご存知ですか?

P1070984皆さんはなにわ特産品のひとつで、「春を呼ぶ野菜」とも呼ばれている若ごぼうをご存知でしょうか。

若ごぼうは通常のごぼうと違い、根・葉・茎のすべてを食べることができる野菜で、おひたしやかき揚げなど色々な料理として楽しむことができます。

中でも、中河内地区で栽培されている「八尾若ごぼう」は平成25年8月30日に地域団体商標の登録を受けた同地区の特産品です。

今回は、八尾市内で「八尾若ごぼう」を栽培する山口信義さんの圃場を訪ねました。

若ごぼうはハウスやトンネル、露地での栽培がありますが、山口さんが行っているのは露地栽培。暖かくなる3月上旬ごろが収穫のピークです。

 土から掘り起こすのには、スコップなどを使いますが、山口さんは農用フォークを使用しています。山口さん曰く、「スコップでは土まですくってしまうので、重くて負担がかかる」とのこと。腰などに負担がかかりやすい農作業ですが、細かい工夫で補っていらっしゃいました。

地元大阪ではなじみの深い若ごぼうですが、東京などへ行くとなかなか見当たりません。3月7日と8日に代々木公園で行われた「NHKふるさとの食にっぽんの食全国フェスティバル」では、JAグループ大阪として出店し、大阪産農産物のPRを行いました。東京では売っていない「八尾若ごぼう」に多くの来場者が「これは何?」「どうやって食べるの?」と興味津々。

毎年このイベントで買うのを楽しみにしているリピーターもいて、知名度は徐々に広がりつつあるようです。